禁煙治療を始めるとイライラが止まらない

禁煙をしたいと思って何度か経験のある人は、禁煙治療中にイライラしやすくなって反省した事もあるのではないでしょうか。そんな時に煙草を吸えば、すっと爽快感があって落ち着くものですから、やっぱりまた吸おうかなと思ってしまうのです。健康に害を及ぼすと分かっていてもやめられないのが、煙草によるニコチン依存症となります。

禁煙治療中のイライラとしては、いろんな状態が上げられます。例えばこれまで煙草を吸うことそのものが生活の一部になっていた事もありますので、口寂しくなったり手持ち無沙汰になってしまってイライラしてしまうのです。その他にも、煙草のニコチンによる覚醒作用ですっきりしていた時も、禁煙を行う事で離脱症状が出て集中できずに機嫌が悪くなったりしてしまいます。

禁煙外来で禁煙治療をしていく際には、当然それらのイライラなどのサポートなどもあります。禁煙をスムーズに、円滑に行うための禁煙補助薬なども処方がありますから、安心して治療を続けていく事ができます。主に貼り薬や内服薬などがありますので、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

イライラの原因はストレスや疲労だと思っていた人も、実は煙草のニコチン切れが引き起こしていた可能性もあります。最初の離脱症状でイライラしてしまうとそれだけで煙草を吸いたくなってしまいます。けれどもそこで煙草を吸ってしまえばまたこれまでと同じ、喫煙者のままです。治療の際にはいろんな対処方法も自分で考えておくといいでしょう。イライラしたと感じたら、ちょっと休憩をしたり、飴やガムなどを少し食べてみたりすることで、気分も和らぎます。乗り越えられればその分だけ禁煙に近づきますので、諦めずに治療を頑張ってみて下さい。

■おすすめの禁煙補助剤とは
煙草をやめるならニコレット
■薬の通販サイト
あんしん通販薬局 評判