会社一覧のある長野県外来は禁煙治療受ける人が多い

長野県は禁煙に力を入れていまして、自分はタバコを吸わないのに受動喫煙の被害に遭っている人を減らそうと「おいしい空気の環境づくり推進」と呼ぶ運動を行っています。
特徴的な運動として「終日全面禁煙施設」の認定制度があります。
これは県内の施設の中で、終日全面禁煙であること、禁煙であることが施設内に表示され徹底していること、構造上玄関などからタバコのけむりや臭いがそもそも中に入ったりしてこないこと、こういった条件を満たす施設が県・市に認定申込書を提出し、それを受けて職員が現地を確認して認証する、というものです。
通常、全面禁煙の施設というと学校や体育・文化の公共施設であるものですが、長野の特徴は金融機関、ホテル、飲食店、一般の会社、その工場や倉庫といった事業所にも及ぶことです。
認められると認定書が交付され、ステッカーを貼ることができます。
例えば県内のタクシー業界では禁煙車の会社一覧を公表していますし、求人の段階で禁煙かどうかを会社一覧で確認することもできます。
業種別に認定を受けたかの会社一覧を発表することによって、ますます禁煙が普及していくことにつながります。
こうしてタバコを吸う場所が少なくなってくることは、禁煙治療を受けようという人も増えることにもつながってきています。
長野県外来でも禁煙外来を特に設けて禁煙治療にあたっている病院が多数あります。
長野県外来でテストを受けニコチン依存症と認められると保険治療が受けられます。
長野県外来では禁煙治療にチタンピックスのような飲み薬やニコチネルのようなガム・パッチを用いています。
ニコチン依存を病気として考え、早く病院で治療を受けることは、本人の健康だけでなく周りの吸わない人への受動喫煙を防いだり、ポイ捨てなどを減らし環境美化にもつながるので、積極的に医療機関に相談するべきです。